着物仕立ててます♪ユメんちの毎日♪

着物の仕立をしています。 日々のささいなつぶやきブログです。 お仕立のご注文はこちらからどうぞ(^^♪

2015年02月

昨日の夜は三七日法要のため実家へ。
今日はお寺へ兄弟3人と弟の奥さんとで行って来ました。

葬儀屋さんが言ってましたが
このあたりの地域では火葬してからお通夜、その後に葬式なのですが
お通夜の後に火葬という所も多いみたいです。
びっくりしますよねー。
自分のとこが普通かと思っていますから。

色々説はあるかもですが
津軽為信が京都で亡くなって、津軽に連れてくるのに火葬してから連れて来たからとか?

今年は雪が多くて
お墓が雪で埋もれているので納骨はまだできません。


普通と思って違う事でびっくりしたのは他にもあります。
茶碗蒸しです。
こちらでは栗を入れて甘く作ります。
でも、普通(と言っていいのかどうか)は銀杏を入れて甘くはないらしいです。

うちの母が作ってた甘い茶碗蒸しが大好きで!
毎年、お正月に母の味に近づけようと茶碗蒸しを作るのですが
今年の茶碗蒸しはだいぶ母の味に近づいていたように思います~♪

でもそれを食べた長男のヨメちゃんはやはり驚いていました~!

 

大雪が降って・・
道路が狭くなってしまっていて。
車がすれ違うのが大変な状態になっています。

夕方、買いものに行った帰りに・・
道路はツルッツルッのピッカピカで・・
すり鉢状になっているので脇の方に寄っても
タイヤが滑って真ん中に寄ってしまうという・・・・。
危うくトラックとぶつかりそうになりました涙

後続車もズラッと繋がってて後ろに下がることも出来ず・・・。
トラックの方が下がってくれたので
少し広いとこですれ違う事が出来ましたが・・・
めちゃめちゃ疲れました泣き


さて
日付は前後するんですが
今年も雪灯籠へ行って来ました。


・・・喪中なんですけどね・・ 汗
これくらいはいいのかな?どうなのかな汗

去年は私と姉とふたりで行ったんですが
今年は姉の娘が“子供たちを連れて行きたい”って事で。
めっぽう娘には弱い姉なので、
ちょっと躊躇したけど私も一緒に行くことにしました。

もうね~姪っ子の娘が可愛くて可愛くて!
ただいま2歳8か月くらいかな。

流行してる妖怪ウォッチの雪像がいっぱいありました。



ねぷた絵がはまってる燈籠見ると「ヤーヤド」ってちっちゃい声で言うのよ~~



未年という事でこんな雪像もありました。

たまたま姪っ子の旦那さんも休みだったので一緒に行ったんですが・・

私が姪っ子の子供の左手を握って歩いていたら
「パパも手つなぐ~」って言って・・
右手はパパと・・・・・・・・・・。

この状況・・おかしいよね(笑)

真ん中に子供がいての夫婦みたいじゃん~~汗

なんせ姪っ子の旦那さんはうちの二男の小中の同級生。
昔っから知ってる子なのですよ~~。

なので・・そっと手を離しました汗


ちっちゃい子、ふたりだと大変そうでした。
若い夫婦、がんばれーって思いましたよ~。

私はひとりで二人の子供、連れて来てたなーーって思い出しました。
なんせ夫はいつも忙しかったし。

姪っ子の子供たち。
興味があったらどうぞ見て下さいね~♪

こちら

今年もプロジェクションマッピングに花火もありました。

今日は一日中、猛吹雪で・・
高速道路は閉鎖されてるし
JRも運休した列車が多数出てたようです。

わが家も・・
夕方6時近くなって外に出てみたらやばいほど雪が積もっていて・・
片付けなきゃって外へ出たとこへ三男帰宅。
40㎝ほど積もってた雪にどんどん車を入れちゃった!

夫と二男の車を入れるとこくらい片付けなきゃって事で
三男とふたりで雪かき。

でも明日は夫が休みなので
きっと除雪機で片付けてくれるよねって事で
近いところへ山にしておきましたヤッタv

今年は大活躍してる除雪機。
ジャーン!初お披露目!



夫の実家、私の実家、昔お世話になった人の家、会社へと
軽トラに乗せて運んで片付けてます~。

今日の弘前の積雪、133㎝!!!!
例年の倍の雪だそうですびっくり

夫と「買ってほんとに良かったよね!」って言い合っています。
それにね~なんか他の雪も片付けてるので
そのたびにビールやジュースやお菓子などいただいてきますテゴシマーク







ちょこっとお知らせ。
1月末に父が亡くなりました。
もう10年くらい介護施設に入所してて
その間に脳卒中も2度ほどあって
半身麻痺してたし、飲みこめなくなってたので胃瘻もやってたし・・
なのでいつかはこんな日が来る事はわかってはいたんですが。


夜中。
誰にも看取られずに逝ってしまいました。
でも安らかな顔をしていました。
もう楽になるよね。
母が迎えに来たんだよね。

私には家族もいるし姉弟もいるけど
両親が亡くなってしまう淋しさをひしひしと感じています。

でもね、夫が話を聞いてくれるし
何より、父が亡くなった事を夫が悲しんでるのです。
うちの親は結婚に反対してて
それでも親が折れて結婚したので
夫「どんな気持ちで嫁に出したんだろうな」って。
案じて米をくれて「ほんとに有難かった」って。

珍しくアルバム出して来たりしてふたりで懐かしんでます。


そんなこんなで
ただいま遅れを取り戻すべく頑張っておりますので~
お待たせしているお客様、もう少々お待ちくださいませm(__)m



 

このページのトップヘ